佐渡観光に必要な日数は?

佐渡の人口は57,465人(2017年現在、佐渡市統計)ということで、東京ドームに収容されてしまいそうですが、面積は東京23区の約1.5倍の広さがあります。本土で一般的に思われているより、ずっと大きな島です。

佐渡観光に必要な日数ですが、昔からよく知られている代表的な観光地をめぐる旅行には、2泊3日(周遊ダイジェスト)をおすすめします。「秘境外海府・金山」「国仲史跡・トキ」「南佐渡・たらい舟・宿根木」と島を3ブロックにわけてまわります。

1週間以上の長期滞在になると、トレッキング、伝統工芸の体験や釣りやマリンレジャーなどいろいろな角度から佐渡を満喫していただけます。1週間あれば、時間割をあまり気にせず、気に入った場所でゆったりと楽しんでいただけると思います。そのうち、佐渡に別荘を持ちたくなるかもしれません。

せっかく遠方からお越しいただくお客様には、最低でも1泊2日以上をおすすめしたいと思います。 なお、宿泊地の選定を含めて、何度も同じ道を行き来することがないように、効率のよい周遊ルートの作成をおすすめします。